親向けの教育ワークショップ

子どもと他を比較しない

子どもを他の人と比較することは、以下のような様々な弊害を引き起こす可能性があります。

参考にしてみて下さい

 

自己評価の低下

子供が常に他の人と比較されて劣っていると感じさせられると、自尊心や自己評価が低下する可能性があります。

これは自己信頼感の低下や、長期的にはうつ病の原因となる可能性もあります。

 

個性の抑圧

各個人はそれぞれ異なる強みや才能を持っていますが、他人との比較は、これらの個性や才能が見過ごされる、または抑圧される可能性があります。

これは子供が自分自身のアイデンティティを発見し、自己成長を遂げる能力を妨げる可能性があります。

 

競争心の過剰

子どもを他の人と比較することで、競争心を養うことができると思われるかもしれません。

しかし、これはしばしば子どもに過度のストレスを与え、他人との協力的な関係を築く能力を妨げることがあります。

 

不安感の増大

常に他の人と比較されると、子どもは自己の不十分さについての不安を増大させる可能性があります。

この不安は、学業、スポーツ、友人関係など、あらゆる面でパフォーマンスを低下させる可能性があります。

 

それぞれの子どもは独自のペースで成長し、それぞれの道を進んでいきます。他の子どもと比較するのではなく、各子どもの個性と強みを認識し、強化することが大切です。

他の人との比較、競争社会への対応は、次の投稿で記載します。

投稿者プロフィール

藤田 秀幸
藤田 秀幸
有限会社トガノ 代表取締役

対企業向け人材戦略コンサルタント
経営者向けエグゼクティブコーチング
メンタルトレーナー
キャリアコンサルタント(資格はもうすぐ取得します)

-親向けの教育ワークショップ
-, , ,